コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

DJ紹介[後藤王様]

こんにちは、ブンタです!
DJさんの紹介文がどうがんばってもかっこよくなりません!
なんで?

そこで、直接ご本人の言葉をいただいてきました♪
ペルソナとの出会いや思い入れについて伺いました!


最初はこの方!
新宿の老舗パーティー・CULUB LOVER'Sより、後藤王様の登場です!
軟鉄BOYSの、愛され系ちいさい方☆
アニソン イデックス!でも活躍中!!

______________________

[後藤王様]


ペルソナに出会ったのはもう十数年前96年だったろうか?
当時はいわゆる家庭ゲーム機が春の時代で良質のゲームも 沢山出ていて、ゲームばっかりやっていた気がする。

そもそも小生は女神転生シリーズをアトラスがNAMCO(元バンダイナムコ) の下請けの初代作品から続けており、真・女神転生のいわゆる善悪中立の 価値観とそのバロメータとして世界各種の神話や伝説の存在をEnemyや仲間として連れて歩けるという企画力に陶酔していた。
正義とは正しいこととは?正解は?常にタブーに挑戦したゲームだった。

アトラスが女神シリーズとしてペルソナを出すときには正直衝撃だった。
女神転生は外に外に意識を向けるのに、ペルソナは内面が沢山の物を 生み出し、それがストーリにがっちり噛んでいる。

サブキャラ達がキャラ立ちをはじめお洒落なキャラクター、含め 今までとのRPGとは違う、強い仲魔を連れるんじゃなくて。
仲間と共に内面も一緒に強く困難にぶつかっていく、、、。

沢山の思い出深いエピソードはあるが、人ならざるものであるペルソナ3の アイギスの纏わる話はペルソナシリーズの中でも異質でありファンタジーの中のSFというか "ペルソナ"という内面に向かう題材だからこそ深い内容となっている。

命のない、そもそも作られた自我が人の心に宿す何か?
そもそもペルソナとはなんだろう?
この話のループをずっと繰り返して寝れなくなった 事もあります。

おじさんになって始めても、深く色々なものを投げ掛けてくれる 僕にとってはそんなゲームです。

ペルソナをしゃぶり尽くそう!

_______________________



次回は金髪豚野郎ことSO-1さんの言葉をお届けします!
おたのしみにー☆
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

bunta

Author:bunta
2012.4月15日(日)
浅草STLLA
Geo&NeoにてPERSONA・ファンイベント
【ぺる*デラ4】
開催!!

最新記事
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。